雪崩情報

妙高

2022/02/17 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair
森林限界 Fair 今後の降雪量に留意
森林帯 Fair 今後の降雪量に留意

留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩

昨日(16日)は山域の南側において、サイズ1の面発生雪崩が観察されています。標高1,800 m付近、東斜面、人的な誘発です。

積雪

これまで降雪量は西の海に近い区域で多くなっており、強い西風が吹き始めています。これにより、降雪の比較的少なかった山域の東区域でも、雪崩の危険は上昇します。

天候

気象庁は、新潟県上越地方に対し、西の風やや強く、後、強く、雪、最高気温3度(標高13 m)を予報しています。妙高関山(標高350 m)にて気温-3.1℃(6時現在)、過去12時間で新たな降雪はありません。気象庁は2月17日5時33分、大雪に関する気象情報を発表しており、17日6時から18日6時までの24時間において、上越地方の山沿いで60 cmの降雪を予報しています。

行動と地形の助言

雪崩コンディションの高い日です。主な懸念事項は積雪表層付近にありますので、行動しながら、表層のスラブの形成の具合を調べてください。風の影響が見て取れる急斜面、地形が積雪を支えない形状の場所、あるいは「地形の罠」があるようなところを避けてください。また、自分の上部に大きな発生区がないかの確認も忘れずに。大雪のアラートも出ていますので、それを念頭にした行動計画をお願いします。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。