雪崩情報

白馬

2022/02/19 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair 日射の影響に留意
森林限界 Fair 日射と昇温の影響に留意
森林帯 Fair 日射と昇温の影響に留意

留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩

昨日(18日)はアルパインエリアの南向きの斜面にて、サイズ2.5-3の面発生雪崩が観察されました。

積雪

荒天の雪はゆっくりと沈降を進めていますが、まだ十分に安定化しているとは言えません。幸い、主稜線付近でも風は弱い状態ですので、顕著なウインドスラブは問題にはならなそうです。ただ、本日は大幅な昇温が予報されており、さらに南寄りの風が入ってきますので、その影響を考慮する必要があります。南に面した大きな斜面は、荒天の雪の下に良い(私たちにとっては悪い)すべり面となる融解凍結クラストがあり、大きな雪崩が発生しうるポテンシャルを持っています。

天候

気象庁は長野県北部に対し、南の風、晴れ、後、くもり、夜、雪か雨、最高気温8℃(標高418m)を予報しています。白馬山麓(標高703m)にて、気温-10.9℃(5時現在)、過去12時間で新たな降雪はありません。上空では既に南西寄りの弱い風が入ってきます。

行動と地形の助言

特定の地形で雪崩コンディションが高い日です。南に面した大きな斜面はおすすめできません。そこには大きな不確実性があります。その不安定性を弱層テストで判断しようとする人もいるかも知れませんが、おすすめできません。必要なのは常識です。山の斜面は巨大です。30 cmの四角柱に人生を掛けないように。そんなもの一つでわかるぐらないなら、とっくに雪崩事故はなくなっています。雪崩リスクマネジメントの最重要点は、わからないものの程度にあわせて、地形を使った安全マージンを取ることであって、不安定性を正確に見積もることではありません。地形の罠のないシンプルな地形、日射や風の影響の弱い斜面であれば、とても良いコンディションのパウダーが楽しめる日です。安全な場所で止まる、一人ずつ滑る、滑る人を見守るといった安全行動を続けてください。それが万が一のときの事故を小さくします。良い一日を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。