雪崩情報

妙高

2022/02/20 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair 今後の降雪に留意
森林限界 Fair 今後の降雪に留意
森林帯 Fair 今後の降雪に留意

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩

昨日(19日)は真新しい雪崩の観察報告は入っていません。

積雪

荒天の雪は十分に沈降し、森林帯では大きな刺激に対しても反応を見せていません。標高のとても低いところでは、雪面は濡れた状態となっています。ここに今朝までの降雪が載っていますが、その量は現時点ではわずかです。

天候

気象庁は、新潟県上越地方に対し、西の風、後、北西の風、やや強く、雪か雨、最高気温4℃(標高13 m)を予報しています。妙高関山(標高350 m)にて気温0.6℃(5時現在)、過去12時間で4 cmの降雪がありました。気象庁は、2月20日5時56分、大雪に関する気象情報を発表しており、20日6時から21日6時までの24時間において、上越の山沿いで70 cmの降雪見込みを伝えています。

行動と地形の助言

標高を上げる方はウインドスラブの形成に注意してください。上空では強い西風が吹いていますので、地形に沿って風が回り込み、雪をクロスローディングする場所を見抜いてください。雪面に新たなスラブの形成の兆候が見て取れたら、誘発しやすい場所である凸状や孤立した地形を避けるように。一方、標高が低いところでは、グライドクラックに警戒してください。斜面の上部からでは視認できないところに形成していることが多々あります。天候は明瞭に悪化傾向ですので、それを考慮した行動計画を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。