雪崩情報

妙高

2022/02/22 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Low
森林限界 Low
森林帯 Fair

留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩

昨日(21日)は激しい荒天のため、入山者がいないため、山岳での雪崩発生の報告は入っていません。一方、スキー場の安全管理作業にて、サイズ1-2のストームスラブの雪崩が複数、発生していることが報告されています。隣接する白馬山域では、アルパインエリア方向から雪崩の発生と思われる大きな音を聞いた、という報告が入っています。

積雪

妙高山域の南側で多く、不安定性の要素が観察されています。強い降雪は収まりつつありますが、上空ではとても強い西風が吹いており、寒気も入っているため、不安定性の解消はゆっくりにしか進みません。よって、積雪の全体傾向は前日と同じと考えてください。

天候

気象庁は、新潟県上越地方に対し、西の風、はじめやや強く、雪、最高気温0℃(標高13 m)を予報しています。妙高関山(標高350 m)にて気温-3.6℃(5時現在)、過去12時間で13 cmの降雪がありました。

行動と地形の助言

とても危険な雪崩コンディションです。山麓にて天候が一時的に回復の兆しを見せたとしても、雪の安定性もそれに伴って良くなっているとは考えないように。山岳フィールドに出るには、極めて慎重なルート選択と保守的な意思決定、そして地形を使った大きな安全マージンが必要です。樹林帯であっても、その中にある発生区や走路に十分、警戒してください。また、雪崩発生状況でもお伝えしているように、スキー場内においても閉鎖区域の雪は不安定です。ゲレンデを滑走する際は、滑走可能な区域を守って下さい。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。