雪崩情報

妙高

2022/02/25 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Low
森林限界 Fair
森林帯 Fair

留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm slab

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩

昨日(24日)は天候が回復したこともあり、視界が開け、荒天の最中に発生したと思われるサイズ3.5(破断面の厚さ2 m、幅800 m)や、複数のサイズ2-2.5の雪崩が観察されました。また、スキー場の安全管理にて、サイズ2-2.5の雪崩も報告されています。

積雪

大量降雪となった荒天の雪は、標高が低いところでは順調に沈降と安定化の方向にあることが観察されています。昨日の日射を浴びた斜面では、薄いクラストも形成しています。一方、標高を上げると、継続的に西寄りの中~強い風が吹いており、それによるウインドスラブの形成も確認されています。

天候

気象庁は、新潟県上越地方に対し、西の風、くもり、所により、昼過ぎまで雪か雨、最高気温7℃(標高13 m)を予報しています。妙高関山(標高350 m)にて気温-4.0℃(5時現在)、過去12時間で新たな降雪はありません。

行動と地形の助言

標高と方位でコンディションが異なります。標高を上げる方は、西寄りの風で形成したウインドスラブに注意してください。風は地形に沿って回り込みますので、単純に東斜面とはなりません。雪が移動し、クロスローディングしている場所を見抜くことが大切です。雪面の状態をよく観察することで、過去に吹いた風の影響がわかります。積雪が不安定化しやすい下支えのない地形、孤立あるいは凸状など誘発点となりやすい場所を避け、風の影響の弱いシンプルな地形を探して下さい。積雪が安定していると感じても、安全な位置で止まる、一人ずつ滑走するなど、原則的な行動様式を守ってください。それが万が一のときの事故を小さくします。安全な一日を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。