雪崩情報

妙高

2022/02/28 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair
森林限界 Fair
森林帯 Fair 日中の昇温と日射の影響に留意

留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩

昨日(27日)は視界が悪かったこともあり、新しい雪崩の観察報告はありません。

積雪

昨日(27日)午前に一時的に降雪が強まり、森林帯にて20 cm程度の量となりました。観察された範囲では、新雪と旧雪の結合はさほど悪くありませんが、隣接する白馬山域では、人的な刺激に敏感に反応する様子が報告されていますので、警戒は必要です。新雪は、日射や昇温の影響が強いところでは融解凍結層、標高を上げた北側ではドライな旧雪に載っています。

天候

気象庁は、新潟県上越地方に対し、西の風、晴れ、時々、くもり、最高気温11℃(標高13 m)を予報しています。妙高関山(標高350 m)にて気温0.6℃(5時現在)、過去12時間で新たな降雪はありません。

行動と地形の助言

標高を上げる方は新雪と旧雪の結合状態を確認するようにしてください。また、風の影響があるか雪面の状況に注意を払い、スラブが形成している場所に気づくことも大切です。コンディションに対する確信が持てない場合、斜度を落とすことが最も有効な安全対策です。斜度を測り、その地形感覚を磨いてください。また、本日は大きな昇温が予報がされていますので、その影響も忘れないように。雪が安定していると感じても、安全な場所で止まるなどの原則的な行動様式を守ることが、万が一のときの事故を小さくします。良い一日を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。