雪崩情報

白馬

2022/03/05 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair
森林限界 Good
森林帯 Good 日中の昇温に留意

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩

昨日(4日)は真新しい雪崩は報告されていません。

積雪

昨日の好天による日射と昇温の影響を強く受けた南向きの斜面では、雪面は融解し、春のコンディションとなりました。標高を上げると、風に叩かれるところでは硬い旧雪面が露出しており、地形の局所に孤立したスラブが形成しています。北側の風の影響が弱い谷底には、密度の高い最近の降雪があります。

天候

気象庁は長野県北部に対し、南の風、日中、やや強く、くもり、時々、晴れ、夜遅く雪、、最高気温12℃(標高418m)を予報しています。白馬山麓(標高703m)にて、気温-6.4℃(5時現在)、過去12時間で新たな降雪はありません。

行動と地形の助言

一般的に安全な雪崩コンディションです。標高を上げる方は、極端な地形に残る小さいウインドスラブに注意してください。本日は、南寄りの風が入り、昨日以上の昇温が予報されています。標高の低いところに形成しているグライドクラックに警戒してください。ツアーの最後、谷筋を下山される方は、自分の上方にある極端な地形形状に載る雪ブロックの崩落に注意を。山は混雑が予想されます。雪が安定しているときでも、雪崩地形を認識したグループマネジメントを心掛けてください。そうした基本に沿った行動の習慣化が、別のある日のインシデントを小さくします。良い一日を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。