雪崩情報

白馬

2022/03/06 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair
森林限界 Fair
森林帯 Good

留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩

昨日(5日)は真新しい雪崩は報告されていません。

積雪

昨日(5日)はとても暖かい南西の風が入り、山麓にて昼には10℃まで気温が急上昇。これに伴い森林帯の積雪表層は十分に濡れた状態となりました。標高の高いところでは、昨日午後から降雪が始まり、森林帯上部にて今朝までに20-30 cmの降雪量となっています。主稜線付近では、西寄りの暴風が吹いており、標高の低いところまで、今朝までの降雪はその風の影響を受けています。

天候

気象庁は長野県北部に対し、北の風、くもり、時々、雪、最高気温3℃(標高418m)を予報しています。白馬山麓(標高703m)にて、気温-3.6℃(5時現在)、過去12時間で10 cmの降雪を観察しています。なお、長野地方気象台は、山沿いの地域にて、今日の昼前から大雪への注意を呼びかけています。明日(7日)朝までの24時間で50 cmの量的予想が出ています。

行動と地形の助言

危険な雪崩コンディションです。昨日からの降雪は風の影響を強く受けて、旧雪面に載っています。雪崩は新雪内に存在する弱い箇所、あるいは、新雪と旧雪の境界面から発生しえます。旧雪面の状態は、標高帯と方位によってかなり異なり、その結合の程度は不確実性が高いままです。全体状況は悪いという前提で、その状態の確認をしていく必要があります。たとえ樹林帯にいても、その中にある発生区や走路に注意してください。自分の上方に大きな発生区がないか考えてみてください。経験が浅い方は、スキー場の新雪エリアで楽しむことをおすすめします。降雪は今後、強まる予報が出ていますので、それを考慮した行動計画を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。