雪崩情報

白馬

2022/03/13 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Good
森林限界 Good 日中の昇温に留意
森林帯 Good 日中の昇温に留意

留意すべき雪崩

全層雪崩 Glide slab

日中の昇温に注意

留意すべき雪崩

点発生湿雪雪崩 Wet Loose snow

日中の昇温に留意

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩

昨日(12日)は、森林帯にて、サイズ1-2の濡れた雪の点発生雪崩が多数、観察されました。また、サイズ2の全層雪崩も複数、観察されています。

積雪

昨日(12日)は主稜線付近では、とても強い西風が吹いており、その影響で森林限界付近までの雪は、あまり緩みませんでした。一方、標高の低いところでは昇温と日射の影響で、積雪表層は濡れ、多数の点発生雪崩を起こしました。

天候

気象庁は長野県北部に対し、南の風、くもり、朝から昼前、晴れ、最高気温19℃(標高418m)を予報しています。白馬山麓(標高703m)にて、気温1.2℃(5時現在)、過去数日で新たな降雪はありません。昨日(12日)14時に、山麓にて13℃を記録しています。本日も同等以上の昇温が予報されています。

行動と地形の助言

雪崩情報は朝の時点での「現況」ですので、日中の昇温による雪の変化に注意してください。本日、曇りで日射がなくとも、予報されている程度の昇温となれば、前日と同様に、積雪表層の雪の強度は失われ、濡れた雪の点発生雪崩が発生しやすくなります。濡れた雪は、とても重いため、サイズ1であっても足元をすくいます。自分の下方と上方、いずれにも警戒してください。また、グライドクラックの入った斜面は、全層雪崩の危険度が上昇しています。クラックの入った斜面には入らないように。また、その下方を通過するときは、十分な距離をとって素早く移動してください。安全な一日を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。