雪崩情報

白馬

2022/03/15 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair 今朝の雨の影響を確認のこと
森林限界 Fair
森林帯 Good 天候が回復しても警戒を緩めないように

留意すべき雪崩

点発生湿雪雪崩 Wet Loose snow

留意すべき雪崩

全層雪崩 Glide slab

今朝の雨が止んでもグライドクラックの入った斜面の警戒を緩めないように

概要

雪崩

昨日(14日)は森林帯にて、サイズ2.5の全層雪崩が観察されています。また、複数の濡れた雪による点発生雪崩も観察されています。

積雪

全層雪崩は、一般的には雪シワやグライドクラックの入った斜面で発生しますが、そのような前兆が観察されていない場所で、昨日は雪崩が起きています。これは今シーズンは寒冬で、これまで降雨がなく、積雪内に融解凍結クラストが形成していないことと、これまでの降雪現象の特徴が影響しています。そして、今朝の降雨は、積雪状態をさらに悪化させていますので、天気が回復しても、本日は警戒を緩めないでください。また、昨晩から南西の暖かい風が入り、主稜線までプラスの気温となっています。

天候

気象庁は長野県北部に対し、南の風、後、北の風、晴れ、明け方まで雨、最高気温16℃(標高418m)を予報しています。白馬山麓(標高703m)にて、気温4.4℃(5時現在)、明け方から11mmの降雨を観察しています。

行動と地形の助言

天気が回復しても、本日は、標高の低い場所の植生のない極端に急な開放斜面は、方位を問わず、避けるようにしてください。また、グライドクラックの入った斜面は特に危険な状態となっていますので入らないように。標高をやや上げた場所で地形を選べば、降雨後の快適な春のザラメ雪のスキーが楽しめる日でもあります。雪崩安全対策の最重要事項は地形選択です。なお、スキー場内はスキーパトロールが安全管理をしっかり実施していますが、林道などの法面の状態については、利用者自らも注意し、斜面に対して背を向けた状態で休憩しないようにしてください。安全な一日を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。