雪崩情報

白馬

2022/03/19 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Low
森林限界 Low
森林帯 Fair

留意すべき雪崩

全層雪崩 Glide slab

昨日の降雨の影響が強い標高の低いエリア

留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm slab

森林帯は旧雪に新雪が載る上部のみ。

概要

雪崩

昨日(18日)は荒天のため山岳エリアでの情報は入っていません。

積雪

標高の低い場所では、昨日から降雨とプラスの気温が継続しており、全層雪崩の危険が高い状態です。標高1,300 m付近で20 cm程度の新雪を観察しており、これまでの降水量から森林限界付近では30 cm程度の降雪があったと考えてください。気温は主稜線で-5℃程度と高いため、この新雪は焼結と沈降を素早く進めています。風は昨日の南西風から、本日未明には西へと向きを変えています。

天候

気象庁は長野県北部に対し、北の風、くもり、朝晩、雪か雨、最高気温9℃(標高418m)を予報しています。白馬山麓(標高703m)にて、気温2.8℃(5時現在)です。昨夕から30 mmの降水を観測しています。

行動と地形の助言

昨晩からの降雪で形成したストームスラブに警戒が必要です。小さく安全な凸状地形などを使い、スラブの挙動を確認してみてください。状態への確信が持てないときは、斜度を落とし、誘発しやすい凸状や下支えのない斜面を避けるように。降雪がグライドクラックを見えにくくしているところがあるかも知れません。先の見えない斜面には十分な警戒を。また、標高の低いところでは、全層雪崩の危険が継続しています。自分の上方にある落ち残りの雪ブロックも含めて、注意するようにしてください。続いた好天で、黄砂やホコリの浮いた斜面を滑り、滑走面が汚れたスキーやスノーボードでは、今日の雪は滑りにくいかもしれません。ワックスが必要です。登山の方は新雪の下には硬い雪面があることを忘れずに。安全な一日を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。