雪崩情報

白馬

2022/03/31 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair 降雨の開始に留意
森林限界 Fair 降雨の開始に留意
森林帯 Fair 降雨の開始に注意

留意すべき雪崩

全層雪崩 Glide slab

概要

雪崩

昨日(30日)は新しい雪崩の報告はありません。

積雪

昨日(30日)の昇温と強い日射の影響で積雪表層は十分に濡れたものとなりました。主稜線付近でも、今朝までプラスの気温となっており、すべての標高帯で融解凍結のサイクルにあります。長野地方気象台は、明日朝までに長野県北部で15 mmの降水を予報しており、標高の高いところでは明日にかけて雪となる可能性があります。

天候

気象庁は長野県北部に対し、北の風、くもり、昼過ぎ、一時、雨、所により、夜遅く、雪、最高気温13℃(標高418m)を予報しています。白馬山麓(標高703m)にて、気温2.8℃(5時現在)です。また、昨日(30日)は、13時に最高気温16.5℃を山麓で記録しています。

行動と地形の助言

標高の高いところではとても強い西風が吹いており、今後、降雨の予報も出ています。気温もプラスが継続していますので、グライドクラックの入った斜面の状態は、とても悪いと考えて行動してください。また、標高の高いところでは、明日にかけて降雪となる可能性が予報されています。降雪直後は、新雪と旧雪の結合は悪いを前提として、地形選択をしてください。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。