雪崩情報

ニセコ・羊蹄・余市・尻別

2022/12/22 07:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair 東に面した特定の地形では、孤立したウインドスラブがまだ残存している可能性があります。
森林限界 Good 積雪は沈降を続け、強度を増しており、風による雪の再配分や新たな堆積はほとんどありません。
森林帯 Good 「地形の罠」以外の懸念材料はない状況です。

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

限定的な観測ながら、風下斜面の局所にウインドスラブが残っている可能性があります。もし、東側の斜面にて、雪面に風による風紋のような痕跡を発見したらご注意ください。

概要

雪崩

アルパインエリアでの観測は限定的ですが、真新しい雪崩や人的な誘発の雪崩も報告されていません。

積雪

まとまった降雪の後、荒天サイクルが終わり、この24時間、ほとんど新しい降雪はありません。積雪の強度は上昇しており、顕著な弱層は観察されていません。以前、報告している降雨によるクラストは標高500 m付近では70-100 cmの深さに埋没していますが、現時点ではほとんど懸念材料となっていません。

天候

日本の東を北上する低気圧は北海道付近で2つに別れる予報が出ています。これにより、木曜から金曜にかけて風向きが変わり、気温が上昇するとのこと。風は弱から中程度で、断続的な降雪になりそうです。なお、標高500 m以下では雨となる可能性もあります。

行動と地形の助言

地形の判断には「今はシーズン初めである」という認識が必要です。薄い積雪は危険要素を隠してくる可能性を考えるのです。たとえば、まだ脆い積雪が川や沢にスノーブリッジを作っており、踏み抜いて落ちるなどです。標高の高いところへアプローチする方は、稜線付近にウインドスラブが形成していないか注意してください。また、今後、まとまった降雨があった場合、積雪の急激な変化に気をつける必要があります。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。