雪崩情報

ニセコ・羊蹄・余市・尻別

2022/12/27 07:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Good 最近の降雪と風の影響で南側のスラブが形成しています。
森林限界 Good 直近の降雪内に不安定性がないか確認を。また、森林限界付近の局所にある風の影響のある積雪に注意を。
森林帯 Good 小川や窪地など、比較的少量の雪で深く埋まってしまう「地形の罠」を避けてください。

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

数日間の降雪と中~強風の北風により、南側の斜面にウインドスラブが形成されています。このスラブは標高の高い場所で広く見られ、小さい荷重で発生する可能性があります。稜線周辺に新しい風紋など、風の痕跡がないか探してみてください。

留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm slab

直近の降雪内に不安定性がないか確認を。荒天中の風と気温の変化によって、表層付近の雪密度が変化し、積雪の上層部が弱くなっている可能性があります。

概要

雪崩

週末、尻別岳の南面で面発生雪崩が、ニトヌプリの南西面で幅10m、長さ50m、破断面40cmの雪崩が発生していますが、それ以後、新しい雪崩の発生は報告されていません。

積雪

標高の低いところでは、ここ数日の気温の上昇により、積雪は重く濡れた状態になっています。森林限界以下では、スノーボールの発生もありました。標高の高いところでは、最近の風の影響により、乾いた雪が南側に運ばれ、堆積しています。

天候

この24時間の降雪は比較的少なく、低気圧が東へ移動するに伴い、気温は上昇しています。今週前半はこの状態が続き、その後、中程度の風が北から西へ変わりつつ、気温が低下し、水曜日から木曜日に掛けて降雪があると予報されています。

行動と地形の助言

標高の高いところでは、稜線周辺の斜面で強風が吹いた痕跡がないか探してみてください。標高の低いところでは、積雪の増加により危険な要素が埋まりつつありますが、まだ十分に警戒が必要な状況です。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。