雪崩情報

ニセコ・羊蹄・余市・尻別

2022/12/31 07:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair 西北西の風によって、風下側にはウインドスラブが形成しています。
森林限界 Good 西北西の風によって、風下側にはウインドスラブが形成しています。
森林帯 Good 通常の注意が必要です。

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

尾根直下や、西北西の風で削剥を受けていない斜面で、ウインドスラブの形成を探してください。

概要

雪崩

水野の沢の西尾根にて、爆発物による全層雪崩が観察されています。また、グライドクラックが多くの斜面で形成しています。12月29日、尻別岳にて、サイズ1-2のウインドスラブの雪崩が観察されています。

積雪

この地域では過去48時間、継続的に降雪があり、その量は30-60 cmとなっています。雪崩情報の発表区域の東側(尻別岳など)で降雪は多く、西側となるニセコや余市岳のエリアでは少なめでした。この新雪は、融解クラストの上に載っていますが、新雪底部はよく沈降しています。

天候

荒天は終わり、今日は風も弱まり、時折、晴れ間も見えるでしょう。西寄りの風は続いており、日曜日には次の荒天のサイクルが到来する予報がでています。そして、日曜の夜から火曜まで中程度あるいは大雪の予報です。気温は期間を通して低く、次の荒天と共に西風は強くなるとのことです。

行動と地形の助言

今日は好天に恵まれ、アルパインや難度の高い斜面へのアプローチが可能となります。しかし、標高が高いところでは、急斜面に入る前にウインドスラブの形成していないか、慎重に判断をしてください。日曜の午後には天気は悪化し、雪崩の危険度は上がります。荒天の最中や直後は、特に注意した行動が必要です。次の雪崩情報は1月3日(火)に発表される予定です。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。