雪崩情報

妙高

2023/01/04 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Low 降雪の多い山域の北西側にて
森林限界 Low 降雪の多い山域の北西側にて
森林帯 Fair

留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩

山岳エリアでの雪崩の報告は入っていません

積雪

山域の北西側、標高1,000 m付近では、今朝までに20 cm程度の降雪がありました。この区域では、新たな降雪がスラブを形成していなか注意してください。他の区域では、正月から始まった荒天の雪は沈降を進めています。

天候

気象庁は、新潟県上越地方に対し、北西の風、雪、最高気温3℃(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1,310m)にて気温-8℃(4時45分現在)、過去24時間で新たな降雪はありません。

行動と地形の助言

山域の北西側に入る方は、新しいスラブに注意してください。自分の上方に大きな発生区がないかの確認も忘れずに。スキー場がたくさんある山域の南東側は、まだ積雪が少ない状況です。森の中には、まだ完全に埋まっていないブッシュや沢など「地形の罠」が多数、存在しています。無理に山に入るよりも、まだシーズンは始まったばかりですので、スキー場内で滑るのも良い選択肢です。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。