雪崩情報

ニセコ・羊蹄・余市・尻別

2023/01/05 07:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Low 強い降雪と風により、特にアルパインエリアで新しいウインドスラブが形成
森林限界 Good 森林限界にはウインドスラブが形成しやすい地形があります
森林帯 Good 多量の雪が沈降するには時間を要します

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

強風と突風が尾根上の雪を削り、風下側の地形に硬いウインドスラブを形成させ続けています。

留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm slab

今朝の高めの気温と継続する降雪によって、ストームスラブの危険は高いままです。金曜日に予報されている降雪でのストームスラブの危険は多少下がるかも知れませんが、継続的に注意は必要です。

概要

雪崩

滑走者の誘発によるウインドスラブが報告されています。特に、稜線やクロスローディングする場所でスラブが発達しています。中~強の降雪が続いており、スラブを形成しやすい高めの気温も相まって、ストームスラブの危険の解消には時間がまだ必要です。

積雪

元旦から各地で約1.5 mの降雪がありました。標高700 m以下に形成している12月29日形成の融解凍結クラストは、まだ留意が必要な層になっています。積雪表層は、標高や場所によって多様な状態になっています。アルパインや森林限界では、風に叩かれる場所には硬いクラストがあり、その風下には厚く、硬い雪の堆積があります。風の影響のない森林帯には、深く、軽い乾いた雪があります。積雪の下層の強度は増してきていますが、表層の雪の強度が上がるには、もう少し時間が必要です。

天候

中~強い北西の風を伴う弱い降雪が午後まで続く予報が出ています。金曜日は天気が回復し、行動しやすくなるでしょう。予報によれば、降雪と強い西風は収まり、気温が上がり、日差しも見込める模様です。

行動と地形の助言

一歩下がって、より安全な地形を選択することをお勧めします。グループで行動し、より安全な方法を事前に考えておいてください。自分がどのような地形内にいるか認識することも大切です。視界が悪いときは、時に上からくる雪崩に驚かされることがあります。急斜面での点発生雪崩は、地形や小川に巻き込まれる可能性があります。 尾根に形成した雪庇は、崩落する際、思っている以上に雪を引っ張って落ちます。軟らかく深い雪での転倒は簡単にスキーを失うことになります。軟らかい雪の上に硬い雪が載るような構造のウインドスラブを発見したら、その地形には入らないように。少し傾斜の緩い斜面を選べば、リスクも小さく、楽しい滑走ができます。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。