雪崩情報

妙高

2023/01/08 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Low
森林限界 Low
森林帯 Fair

留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩

昨日(1月7日)は、標高がとても低い区域の南斜面にて、サイズ2の全層雪崩が観察されました。

積雪

荒天の雪は沈降し、昇温と日射の影響の強い、標高の低い場所では全層雪崩が観察されています。妙高山域の標高が高い北側を中心に、今朝までに5-20 cmの降雪がありました。降雪量は、標高帯と区域でばらついています。

天候

気象庁は、新潟県上越地方に対し、南の風、日中、西の風、雪か雨、昼過ぎから曇り、最高気温7℃(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1,310m)にて気温-4℃(4時45分現在)、過去12時間で新たな降雪はありません。

行動と地形の助言

山域の北側で活動する方は、あらたな降雪で形成したストームスラブあるいは点発生雪崩に注意してください。とても軟らかいスラブの場合、傾斜が十分に急であれば、林間でも発生することを忘れないように。雪はとても重いため、小さい雪崩であっても、簡単に足元をすくいます。山域の南側で活動する方は「地形の罠」にご注意ください。比較的に雪崩危険度が低いと感じても、安全な場所で止まる、適度な間隔を空けて移動するといった原則的な行動様式を続けてください。それが万が一のときの事故を小さくします。良い一日を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。