雪崩情報

妙高

2023/01/11 06:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair
森林限界 Fair
森林帯 Fair

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩

昨日(1月10日)は、スキー場での爆発物を使った管理にて、サイズ1の雪崩の発生報告があります。

積雪

森林帯上部にて、1月9日から10日までに40-50 cmの降雪となっています。その後、リフトが運行停止となる暴風が吹き、積雪は激しく移動しています。今回の荒天の不安定性に関して、山岳エリアでも観察情報がほぼないため、不確実性が高い状態です。しかし、隣接する白馬山域にて、顕著な不安定性が観察されていますので、妙高山域においても、その傾向を考慮する必要があります。

天候

気象庁は、新潟県上越地方に対し、西の風、後、南の風、晴れ、時々、曇り、最高気温10℃(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1,310m)にて気温-12°(6時15分現在)です。

行動と地形の助言

気持ちの良い晴れですが、山の雪には、昨日までの荒天の不安定性が残っていると考えて行動してください。上部に大きな発生区がない、小さい、傾斜が緩い斜面から一日を開始するのは良いアイディアです。周囲をよく観察し、新しい雪崩の跡を発見したら、それは不安定性を示唆する最も重要な兆候です。もし、雪崩を発見できなくとも、安全な小さい凸状地形を使い、その不安定性を確認してください。賢く地形を使い、グループマネジメントの重要さを忘れずに。良い一日を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。