雪崩情報

妙高

2023/01/14 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Low
森林限界 Fair
森林帯 Fair

留意すべき雪崩

全層雪崩 Glide slab

留意すべき雪崩

点発生湿雪雪崩 Wet Loose snow

日中の昇温と降雨に留意

概要

雪崩

昨日(1月13日)は、標高の低いところで、サイズ1の点発生湿雪表層雪崩が複数、観察されました。

積雪

昨日、標高1,800 m以下では昇温と日射の影響が強く、特に南に面した急斜面では融解により、積雪強度は低下しました。標高1,500 m以上の北側では、雪はまだドライを保っています。

天候

気象庁は、新潟県上越地方に対し、南の風、後、北の風、雨、時々、曇り、最高気温15℃(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1,310m)にて気温4°(5時45分現在)です。

行動と地形の助言

標高の低いところではグライドクラックの危険が高まっています。クラックの入った斜面には近づかない、その下方を通過するときは、素早く移動するなどをお願いします。また、日中の昇温と降雨の程度のよって、点発生湿雪雪崩の危険度は上昇します。濡れた雪はとても重いため、簡単に足元をすくいます。もし、自分の下方に「地形の罠」があれば、重大な結果となります。天気は下り坂で、降雨も予報されています。それを考慮した行動計画を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。