雪崩情報

妙高

2023/01/16 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Low
森林限界 Low
森林帯 Fair

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

留意すべき雪崩

全層雪崩 Glide slab

概要

雪崩

昨日(1月15日)は、サイズ1.5-2の全層雪崩が観察されています。

積雪

標高がとても低いところでは、降雨と高い気温の影響で、積雪強度が落ち、全層雪崩が発生しています。今朝の冷え込みも弱く、まだその不安定性は完全に解消していないと考えてください。一方、標高が高いところでは、湿ったあるいは濡れた雪面は硬く凍結しています。

天候

気象庁は、新潟県上越地方に対し、北の風、後、北西の風、雪か雨、最高気温4℃(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1,310m)にて気温-2°(5時45分現在)です。

行動と地形の助言

標高の高いところでは、今後のウインドスラブの形成に注意してください。雪崩の規模が小さくとも、重大な結末となる「地形の罠」が自分の下方にないか考えてください。森林帯では濡れ雪は硬く凍結し、滑走しずらい状態となっています、また、融雪が進み、沢が割れ、穴が空いています。一時期埋もれていたブッシュも多数、顔を出していますので、それらの危険要素に警戒を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。