雪崩情報

ニセコ・羊蹄・余市・尻別

2023/01/17 07:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair 最近の軟らかい新雪とソフトスラブは、中程度の西から北の風によって移動し、氷板は融解凍結クラストの上に載ると共に稜線付近では雪庇を形成しています。まだ、全層雪崩も発生しています。
森林限界 Good 最近の結合力の弱い新雪は森林限界付近でも同じように積もり、氷板や融解凍結クラストの上で流れています。また、風が局地的にウインドスラブと稜線付近に雪庇を作っています。既にグライドクラックが入った斜面では、方位に関係なく発生する可能性があります。
森林帯 Good 最近の結合力の弱い雪と風によって、森林帯の開放斜面の局所にウインドスラブが形成しています。他の標高帯と同じく、スラブは氷板や融解凍結層の上に形成しています。とても急な斜面では全層雪崩と点発生雪崩の危険があります。

留意すべき雪崩

点発生乾雪雪崩 Dry Loose snow

軽い新雪が氷板や融解凍結クラストの上に載っており、不安定な状態です。急斜面での点発生雪崩に注意してください。上部にとても急な斜面があるような場所で警戒を。

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

森林限界やアルパインにおいて、西から北の中程度の風がウインドスラブを形成させました。森林帯では、このウインドスラブは地形の局所にあります。

留意すべき雪崩

全層雪崩 Glide slab

森林限界と森林帯にて、全層雪崩の発生が報告されています。これらの雪崩は異なった方位で発生しています。

概要

雪崩

乾いた雪が過去48時間降り、氷板や融解凍結クラストの上に載りました。直近の過去24時間で複数の点発生乾雪表層雪崩が報告されています。風は雪を移動させるに十分な強さで吹いており、西から北の風の風下となる場所へ、軟らかいウインドスラブを形成させました。全層雪崩の発生も報告されています。

積雪

積雪の表層は、乾いた結合力の弱い雪で、風下となる場所に硬度が高くなるスラブが形成しています。この表層の雪の下には、厚く硬い融解凍結クラストがあります。このクラストの上下では再結晶化された雪の形成が疑われ、今後も注意が必要となっています。

天候

この地域では、全体的に北西の風が入り、小雪が続き、風はときどき穏やかになる予報がでています。雲が切れ、日差しが差し込む時間があるかも知れません。気温は日中でもマイナス一桁が続き、夜間はマイナス10℃以下が続く予報です。

行動と地形の助言

この地域では、新雪の下の硬いクラストが隠れています。これは楽しい滑走をもたらすかも知れませんが、同時に、急斜面ではスピードをコントロールするのが難しくなります。新雪がクラストの上で滑り、滑走中に不意打ちをくらったり、バランスを崩したりしてしまうことがあるかもしれません。「地形の罠」の上にある急斜面は、それがたとえ小さい斜面であっても要注意です。また、グライドクラックは上からは視認しずらいので、はじめての地形にアプローチする際は十分に気をつけてください。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。