雪崩情報

ニセコ・羊蹄・余市・尻別

2023/01/21 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair アルパインでは、新雪と強風によって、風下側の斜面に負荷が掛かっています。
森林限界 Fair 新雪による負荷が掛かっています
森林帯 Good 新雪による負荷が掛かっています

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

アルパインと森林限界では、強風によって新雪が風下側に再配分され、ウインドスラブを形成しています。

留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm slab

新雪と旧雪の結合が強度を上げるには時間が必要です

留意すべき雪崩

点発生乾雪雪崩 Dry Loose snow

点発生乾雪表層雪崩が、とても急な斜面でありえます。小さい雪崩であっても重大な結末となる「地形の罠」がある場所での滑走は避けてください。

概要

雪崩

滑走者の偶発的な誘発によるサイズ1.5のウインドスラブの雪崩が、1月20日、イワオヌプリ、標高1,000 m、北東斜面でありました。また、同日、滑走者の偶発的な誘発によるサイズ1のウインドスラブの雪崩が、札幌国際スキー場のバックカントリーエリア、標高1,050 m、北斜面であったことが報告されています。

積雪

昨晩、10-30 cmの降雪があり、今週前半の降雪を加え、積雪が増加しています。以前の荒天の雪は沈降しており、雪面から40-60 cm下にあるクラストと現時点では結合していますが、今後の積雪増によって、この境界面での雪崩の発生の可能性もあります。

天候

今週末から来週にかけて、継続的な降雪が予報されています。今日は、強風が予報されていますが、夜遅くには収まってくるとのことです。気温は低温傾向が続き、この先3日間の最高気温は、標高1,000 m付近で-12℃程度となる見込みです。

行動と地形の助言

新雪と旧雪が十分に結合するには時間が掛かります。1月17日のクラストは、今回の荒天の雪で負荷がかかり、雪崩が発生する潜在的な可能性が上がっています。慎重に地形を判断し、クラストが形成していることで、大きな雪崩が発生しうる可能性のある斜面を避けてください。新雪の下には、樹木から落雪した硬い雪塊があることを忘れずに。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。