雪崩情報

妙高

2023/01/22 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair
森林限界 Fair
森林帯 Fair

留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm slab

スラブの傾向が強まる、とても急な斜面に注意を

概要

雪崩

昨日(1月21日)は、森林帯の北東斜面にて、サイズ1のストームスラブの雪崩が観察されました。また、隣接する白馬山域では、森林限界の南斜面にて、サイズ2の雪崩がリモートトリガーで発生しています。

積雪

硬く凍結した、あるいは旧雪の上に、20日夕方からの降雪が載っています。森林帯にて30 cm程度です。標高の低いところでは、新雪と旧雪の結合が良くなっていることが観察されていますが、標高の高いところでは、まだ警戒が必要です。

天候

気象庁は、新潟県上越地方に対し、南の風、日中、西の風、くもり、時々、雪か雨、最高気温6℃(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1,310m)にて気温-7°(5時45分現在)です。

行動と地形の助言

場所によって積雪強度が異なるコンディションです。とても急な傾斜を持つ大きな斜面は避けてください。自分の下方に「地形の罠」のない斜面を選んでください。森の中や、標高の低い場所では、積雪が少なく、危険要素がたくさん隠れています。地形をよく観察し、安全なルートを選んでください。良い一日を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。