雪崩情報

妙高

2023/01/23 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Low
森林限界 Fair
森林帯 Good 日中の昇温と日射の影響に留意

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm slab

孤立したとても急な斜面に注意

概要

雪崩

昨日(1月22日)は、山岳では雪崩は観察報告されていません。

積雪

硬く凍結した、あるいは旧雪の上に、20日夕方からの降雪が載っています。クラストと新雪の結合の状態は改善していることが確認されています。一方で、白馬山域で報告されている再結晶化した雪の不安定性については、観察データが少なく、不確実性が残っています。

天候

気象庁は、新潟県上越地方に対し、南の風、後、西の風、曇り、昼前から夕方、晴れ、最高気温10℃(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1,310m)にて気温-6°(5時45分現在)です。

行動と地形の助言

雪は沈降を進め、雪崩の危険度も下がってきています。しかし、孤立したとても急な斜面などは、まだ、避けるようにしてください。今日は、天気が良くなっても、疑似好天と呼ばれる現象です。明日に向かって強い寒気が入り、大荒れとなります。早めに下山する行動計画でお願いします。森林帯は、多数の「地形の罠」が隠れていますので、十分注意してください。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。