雪崩情報

妙高

2023/01/24 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair 今後の降雪に留意
森林限界 Fair 今後の降雪に留意
森林帯 Good 今後の降雪に留意

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩

昨日(1月23日)は、森林帯の孤立した地形でのスキーカットによるサイズ1のウインドスラブの雪崩が報告されています。

積雪

荒天の雪は沈降し、積雪全体は安定化しています。ただし、白馬山域で多数観察されている弱層について、妙高山域では森林限界およびアルパインでの観察情報が不足しており、不確実性が高い状態です。

天候

気象庁は、新潟県上越地方に対し、南の風、後、北の風、やや強く、くもり、昼前から雪、最高気温6℃(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1,310m)にて気温-6°(5時45分現在)です。新潟地方気象台は、1月24日6時、大雪に関する気象情報を発表しています。情報では、1月24日6時から24時間において、山沿いにて90 cmの降雪を予想しています。

行動と地形の助言

雪崩危険度の低い日ですが、孤立した極端な形状の地形などには警戒してください。非常に強い寒気の流入に伴う大雪が予報されています。何かアクシデントが発生しても、素早く麓にエスケープできるかを考えてください。天気が荒れ始める前の下山を。森の中には「地形の罠」が多数あります。積雪の下に何があるかを想像しながら、安全なルートを選んでください。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。