観察データ

観察データの使い方

かぐら峰

180102
日付と場所
投稿者 Observer 長井 淳
観察日付 Observation At 180102
投稿日時 Posted At 180102 17:14
エリア Range 谷川・かぐら Tanigawa/Kagura
山岳 Mountain かぐら峰
場所 Location かぐらBC
同行者 Co-worker 長井里奈
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1400m〜1880m
気温 Temp. -10.0(1330hrs / 1880m) 〜 -6.5(1030hrs / 1380m)
天気 Sky X 不明(比較的視界は良好)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:NW
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S1
降水コメント Precip. Comments:S1-S2と強弱があり、午後止む。
雪崩などの観察 Avalanche Observations 観察なし
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 標高1800m付近において、旧雪に昨日からの10cm〜30cmのHSTが載り、方位や地形により多様性がある。 開けたNE斜面の積雪表面は風の影響を受けてウインドスラブ化していた。 標高1800m,SE面では、FP45cm,HST27cmはFC(4F-1F)の正構造。 行動中、特徴ある地形へのスキーカットに反応は無し。
Spin No
コメント Comments 一般にかぐらBCと呼ばれるフィールドでは順調に積雪を増しており、滑走可能エリアは広がったが、沢のボトムは未だ穴が空いており、スノーブリッジの踏み抜きや転滑落に留意。
動画URL Movie
総括