観察データ

観察データの使い方

谷川岳

200107
日付と場所
投稿者 Observer 長井 淳
観察日付 Observation At 200107
投稿日時 Posted At 200107 18:36
エリア Range 谷川・かぐら Tanigawa/Kagura
山岳 Mountain 谷川岳
場所 Location 谷川岳BC
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1300m〜1963m
気温 Temp. -6.7(1230hrs / 1900m) 〜 -2.5(1020hrs / 1450m)
天気 Sky X 不明(AMは高積雲で、薄日が差し、次第にガスに覆われていく。)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:SW
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:昼ごろよりS-1
雪崩などの観察 Avalanche Observations 観察無し
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack ALP(1650m以上)は広範囲にシュカブラが形成されており、稜線や支尾根は風の影響により削剥され、笹や土が露出している。 標高1650m(TL),HS273cm,FP5cm,E面,30度では、厚み44cmのWS(P)の下に厚み16cmの1F+〜1Fの層があるが、CTでは顕著な結果が得られなかった。 0101MFcrは最近のHSTにより深く埋没し、↓150cm内では見つけることが出来なかった。 BTLではS向き雪面はクラストが形成され、N〜E斜面はFP65cm。
Spin No Yes(2612)
コメント Comments 沢は滑走できそうだったが、沢ボトムは絶望的に雪が無い。 また、BTLの稜線ではヤブやブッシュが激しく、登山道が一番行動しやすい。
動画URL Movie
総括