天狗岳

2021/03/07
日付と場所
投稿者 鳥山 強
観察日付 2021/03/07
投稿日時 2021/03/08 08:11
エリア 八ヶ岳
山岳 天狗岳
場所 天狗岳
同行者
Avalanche infomation
観察データ
標高 1870m〜2645m
気温 -2.4(1122hrs / 2645m) 〜 0.2(0711hrs / 1870m)
天気 X 不明(午後にはSCT )
風速:L 1-7m/s
風向:W
風コメント:場所により風速M
降水 降水の種類:None なし
降水の強度:
降水コメント:
雪崩などの観察 無し。
雪崩発生有無 No
積雪構造 アルパインエリアでは、西面は岩やハイマツなどのアンカー要素が出ているが、東面はアンカー要素は十分に埋まっている。雪面はクラストしツボ足で抜くか抜かないかの硬さと厚みがあり、クラストの下には降雪結晶の層(硬度F)がある。東天狗への稜線上には小さいながらも雪庇が張り出す箇所があり、東天狗への縦走路上の斜度のある斜面ではアンカー要素が出る程度の積雪量。 2400m以下(主に樹林帯)では午後雪面はモイストに。
Spin no
コメント 5日(金)の荒天は山頂付近では雪、かなりの高度まで雨交じりであったことが想像された。
総括

5日(金)の荒天により積雪深は減少した模様。アルパインエリアでの斜度のあるエリアでは、主に東面に積雪が十分にあるものの、西面はアンカー要素が出ている。東天狗岳への縦走路上の斜度のある斜面でもアンカー要素が出る程度の積雪。ただし稜線付近に近づくトレースには雪庇への接近が懸念され、、視界不良の時は注意が必要。