観察データ

観察データの使い方

立山

211126
日付と場所
投稿者 Observer 舎川 朋弘
観察日付 Observation At 211126
投稿日時 Posted At 211126 23:35
エリア Range 立山・穂高 Tateyama/Hotaka
山岳 Mountain 立山
場所 Location 室堂高原
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 2400m〜2500m
気温 Temp.
天気 Sky OVC 雲量10(多くの時間をガスが立ち込める)
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:W
風コメント Wind Comments:LからMも強弱を繰り返す
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:G あられ
降水の強度 Precip. Rate:S1
降水コメント Precip. Comments:降雪が止まることも
雪崩などの観察 Avalanche Observations
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack MFcr上にHST含む90cmほどが載る。そのうちMFcrに最も近い下層15cmは再結晶化を含む低密度層が生きている。また、HST75cmは焼結が進み1Fのハードスラブ。
Spin No
コメント Comments 比較的風の入る尾根上での値。吹き払いも激しい場所ではMFcrは露出している。逆に、吹き溜まりではHSTは想像を超える量になっているに違いない。ウィークインターフェイス等への警戒も考慮する必要性を感じる。
動画URL Movie
総括

視界が開けるタイミングも多く、比較的多くの滑走時間を持ったが入山するメンバー同士によるロストに十分な神経を使う行動となった。