南八ヶ岳

2021/12/12
日付と場所
投稿者 鳥山 強
観察日付 2021/12/12
投稿日時 2021/12/12 17:47
エリア 八ヶ岳
山岳 南八ヶ岳
場所 赤岳
同行者
Avalanche infomation
観察データ
標高 1700m〜2899m
気温 〜 5.1(1411hrs / 1700m)
天気 SCT 雲量4-5(昼から黒雲に覆われる)
風速:S 12-17m/s
風向:SW
風コメント:昼頃から風が強まり、稜線で飛雪がM
降水 降水の種類:None なし
降水の強度:
降水コメント:
雪崩などの観察 標高2600m・西の急なガリーにスラフ・サイズ1
雪崩発生有無 No
積雪構造 標高2300m付近で表面霜が顕著。ALPでは、風の影響のあるところにスラブが形成され硬度はF+~1Fと多様、スラブをめくると新雪が顕著。スラブに伝播性はない。西面、東面ともにアンカー要素は埋まりきっていない。ただし文三郎尾根上部の小さな雪崩地形(ガリー)や、地蔵尾根上部のジョウゴ状の雪崩地形には十分な積雪がある。 南西の風により、稜線付近の西面では雪の再配分が顕著だった。
Spin no
コメント 稜線付近西面の急なガリーには十分な積雪があり、登下行のトレースとからむ場所もあることに留意してください。
総括