観察データ

観察データの使い方

霧ケ峰高原BC

220102
日付と場所
投稿者 Observer 鳥山 強
観察日付 Observation At 220102
投稿日時 Posted At 220102 18:46
エリア Range 中部その他 Chubu others
山岳 Mountain 霧ケ峰高原BC
場所 Location 外輪(ゼブラ山~南の耳)
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1660m〜1830m
気温 Temp. -4.6(1315hrs / 1809m) 〜 -1.8(1028hrs / 1660m)
天気 Sky CLR 雲量0(次第に雲量は増える)
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:SW
風コメント Wind Comments:飛雪がM
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 無し。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack ゼブラ山周辺の北面では雪庇が形成されつつある。 霧ヶ峰高原外輪の北、東面ともに、グランド付近は再結晶した疎な積雪が見られ、積雪上部には降雪結晶を挟んだウイーク・インターフェイスがある。 斜面の変わり目にはウインドスラブが形成され、スラブの硬度はP~4F、カットしても伝播するような破断はしない。
Spin No Yes(3996)
Yes(4006)
コメント Comments ゼブラ山周辺の北面や、山彦谷(旧エコーバレースキー場)へ下る東面には充分な積雪があるものの、積雪内部には明確なウイーク・インターフェイスがあります。なだらかな地形から急斜面へと変化する小さな地形 に留意してください。
動画URL Movie
総括

多雪でスタートした今シーズン、誰もが危険を感じる急斜面だけでなく、小さな地形にもリスクのアンテナを立ててください。