観察データ

観察データの使い方

唐松岳

220310
日付と場所
投稿者 Observer 加藤健次
観察日付 Observation At 220310
投稿日時 Posted At 220310 20:33
エリア Range 白馬 Hakuba
山岳 Mountain 唐松岳
場所 Location 唐松沢
同行者 Co-worker 川田尚規
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 835m〜2361m
気温 Temp.
天気 Sky FEW 雲量1-3(午後にかけて北西側の県境から雲量が増す。午前中は概ねFEW。)
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:NW
風コメント Wind Comments:標高を上げるにつれ風が強くなり、2000mから上では時折S/NWの風。唐松岳山頂で顕著な飛雪を確認。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 日射を受けやすい急斜面(斜度30°以上)においてウェットルース多数。1500m以下ではグライドクラックが多く見られた。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 主に北斜面を行動。日射を受ける斜面においては表面に3cmから5cmほどのクラスト。凸状地形や稜線においてはMFcrが露出している場所もある。風下斜面では昨晩未明からの強い西から北西風により再分配された雪が旧雪の上に3cmから多いところでは10cmほど乗る。北側の日射の影響が少ない斜面では積雪表面はドライに保たれ、斜度のない1300m以下ではモイスト。
Spin No
コメント Comments 南滝直前、ライダーズライト側のグライドクラック(幅約15m)が今にも崩壊しそうでした。週末の昇温や日射による影響に留意。
動画URL Movie
総括