観察データ

観察データの使い方

八幡平

220311
日付と場所
投稿者 Observer 野高健司
観察日付 Observation At 220311
投稿日時 Posted At 220311 21:34
エリア Range 八幡平 Hachimantai
山岳 Mountain 八幡平
場所 Location 八幡平BC
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 970m〜1545m
気温 Temp. -1.2(1340hrs / 1545m) 〜 5.5(1415hrs / 970m)
天気 Sky CLR 雲量0(時折高曇り、1500以降は薄雲がかかる。)
風 Wind 風速 Wind Speed:S 12-17m/s
風向 Wind Direction:SW
風コメント Wind Comments:終日、稜線上は強いSW風が吹きつけていた。E面樹林帯はCalm。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 湿雪点発生多数(日照を受ける急斜面)サイズ1
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack N面以外は標高1300m以上はドライ、それ以下はモイスト~ウェット。N面は、行動した標高帯では、積雪表面の再結晶化が解消されずドライな状態を保つ。稜線上は風が強いわりには雪が氷化せず柔らかく、行動しやすい。
Spin No
コメント Comments E面はグライドクラック多数。降雪や飛雪により埋もれたり不明瞭になっているものが多いため、特にE面を滑降する場合は注意。また、源太ヶ岳E面で雪庇崩壊による雪崩が起きていたそうだが(発生日時は不明)、この雪崩によるデブリは新たな積雪や飛雪によって概ね覆われている。ただし、崩落した巨大な雪庇の残がいが残っているため、滑降時には注意したい。(特に視界不良時)
動画URL Movie
総括