観察データ

観察データの使い方

杓子岳

220312
日付と場所
投稿者 Observer 加藤健次
観察日付 Observation At 220312
投稿日時 Posted At 220313 00:31
エリア Range 白馬 Hakuba
山岳 Mountain 杓子岳
場所 Location 小日向山
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 835m〜1907m
気温 Temp. 2.3(0900hrs / 1830m) 〜
天気 Sky FEW 雲量1-3(1400頃から稜線上にう雲が出始める。)
風 Wind 風速 Wind Speed:S 12-17m/s
風向 Wind Direction:W
風コメント Wind Comments:稜線上では常に飛雪を確認。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations @1200m,日射の影響を受ける急斜面において全層雪崩,Na, Size2。@1400m, 東斜面、極端な急斜面において湿雪点発生雪崩、Na、Size2。Saで湿雪点発生複数。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 午前中、日射を受ける斜面では積雪表面に硬度Kの厚さ3cmから5cmのサンクラストが形成されている。風下では再分配された雪がサンクラストに載る。午後にかけて日射の当たる斜面では積雪表面はモイスト、ウェットになり、Saで厚み20cmから30cmの表面がアクティブに反応し湿雪点発生を誘発。流下速度は遅いが、足が長い。
Spin No
コメント Comments 日曜日の降雪分と見られるモイストからウェットの積雪表面がSaで反応。凸状地形や極端な急斜面では大きなグライドクラックが多数。 日陰では快適だが、標高の低い日射面ではかなりのストップスノーでした。
動画URL Movie
総括