雪崩ハザード評価の登録

投稿者 長井 淳

投稿日時:2023/02/21 15:21

エリア武尊山 山岳前武尊山 場所前武尊山BC

観察日付:2023/02/21


標高1670m〜2040m
同行者


Avalanche infomation

観察データ

気象データ


気温 -13.1(1120hrs / 2040m) 〜 -12.0(1130hrs / 1750m)


天気

午前X 不明
午後X 不明


降水種類

午前S 雪
午後S 雪


降水強度

午前S2
午後S2


HST


HS Range


風速

午前M 8-11m/s
午後M 8-11m/s


風向

午前VRB
午後VRB


飛雪


気象コメント 1900m以上の稜線周辺では時々BKNで陽が差し影ができる。


雪崩データ


雪崩などの観察 視界不良で観察無し


雪崩発生有無 No


シューティングクラック No

積雪データ


重要な層と弱層とテスト結果


積雪構造 HSTは0〜約40cmと多様性が激しく、稜線周辺地形ではMFcrが露出している場所が多くあり、特にN寄り斜面は沢地形であっても広くMFcrが露出していた。 標高を落とすに連れ風による多様性は解消していく。 標高1750m,NE面は厚み2cmのMFcr(K)に30cmのHST(F-4F)が載り、境界面で再結晶化は見つけられなかった。↓20〜40cmの温度勾配は3.1℃。


観察に関わるコメント


大きな地形を避け、慎重な行動を心がけた。 稜線周辺は全体的にHSTが浅く、底付きターンに気を使った。

現地画像

一覧に戻る

Donation -寄付-

日本雪崩ネットワークは様々な情報を提供するために、日々活動しております。今後も持続し続けて行くためにも皆様のご協力が必要です。