阿弥陀岳

2018/03/04
日付と場所
投稿者 杉坂 勉
観察日付 2018/03/04
投稿日時 2018/03/04 20:40
エリア 八ヶ岳
山岳 阿弥陀岳
場所 阿弥陀岳北面
同行者
Avalanche infomation
観察データ
標高 1690m〜2805m
気温 -7.0(0530hrs / 2350m) 〜
天気 CLR 雲量0()
風速:L 1-7m/s
風向:N
風コメント:阿弥陀岳山頂2805mではL.Wの風。 2500m以下の標高帯ではC
降水 降水の種類:Nil なし
降水の強度:
降水コメント:
雪崩などの観察 無し
雪崩発生有無 No
積雪構造 2500m以上のALPエリアでは、HS50cm程度。風の影響を強く受けており、積雪が剥離している面では場所により地面も露出していた。積雪は概ね硬く締まったウィンドパック。また再配分される所ではHS100cm以上で、積雪表面には厚さ20cm程度のウィンドクラストが形成されていた。 日射の影響が無い斜面でのFPは10cm程度。
Spin no
コメント 午前8時には2350mまで下山していたので、その後の日射、昇温の影響については不明。
総括

3月1日未明の降雪により、八ヶ岳は一気に積雪量がふえたが、その後の日射と昇温の影響で焼結と沈降が進んでる。また風の影響を強く受けており、尾根筋の積雪は薄いが谷筋の日射の影響を受けない斜面にはまだ多く積雪が残っている。